手軽で安心・安全な落石防護柵 ARCフェンス

株式会社プロテックエンジニアリング
PROTEC ENGINEERING
サイトマップ
English
Korean

工法概要

ARCフェンス構造図
ARCフェンスは、従来品に比べて効率良く落石エネルギーを吸収する構造を持った、落石防護柵です。ARCフェンスには「Nタイプ」と「Pタイプ」が容易されています。
「Nタイプ」「Pタイプ」ともに100kJまでの落石エネルギーに対応し、その性能は実物実験により確認されています。シンプルな構造なので、設置・撤去を容易に行う事ができます。
ARCフェンスの部材による想定エネルギー吸収領域
最大エネルギー適用表
Nタイプ(ノーマルタイプ)
従来のフェンスで斜面に直角な面に防護ネットを設置しています。
Pタイプ(ポケットタイプ)
捕捉した落石が、ネットと地山との隙間から抜け落ちるのを防止するために、防護ネットをL型に地山にも沿って張ります。

《バージョンアップの概要》
-進化した項目-

これまでのARCフェンスは、遷急線から5m離れた位置に設置する必要がありました。このたび、衝突面のネット下部に落石をキャッチし斜面下に落下させないためのネットを追加設置したPタイプを新しく開発しました。このPタイプARCフェンスは、遷急線近くに設置が可能となり、100kJまでの落石エネルギーに対応できます。
遷急線から設置位置までの離れを一律5mとしていましたが、スパン長によって最大変形量を規定しました。
Nタイプの設計最大変形量
Pタイプの設計最大変形量
被災事例
■秋芳洞遊歩道工事
2003年10月
山口県秋吉町秋芳洞入り口部斜面の設置されたARCフェンスに、換算径0.76m 重量600kg 斜面角度40°落石エネルギーを推定すると120kJのエネルギーと考えられる落石が衝突しました。
落石を受けた後のARCフェンスは、山側控え鋼管に衝突した後、金網に入り、山側鋼管の変状は見られたものの、山側控え鋼管の取り替えとワイヤロープの若干の滑りを直しただけで、簡単に復旧出来ました。
被災前
落石を受ける前のARCフェンス(通常)
被災後
落石を受けて山側鋼管が曲がった状態
金網で止まった落石状況
新タイプARC50登場!
構造
支柱下部拡大図
正面図
関連資料のダウンロード

各種資料 ARCフェンスカタログ
お問い合わせ

その他の落石対策製品もチェック!

ARCフェンスSタイプ

ARCフェンスSタイプ

雪崩予防・落石予防兼用柵
積雪深3.0m迄
落石エネルギー50kJ迄


SPARCフェンス

SPARCフェンス

雪崩予防・落石防護兼用柵
変形抑止型落石防護柵
積雪深3.0m迄
落石エネルギー200kJ


再強フェンス

再強フェンス

落石防護柵/既設防護柵補強
落石エネルギー200kJ迄



スロープガードネットRタイプ

スロープガードネット
Rタイプ

ポケット式落石防護網
落石エネルギー200kJ迄


三角フェンス

三角フェンス

雪崩予防・落石防護兼用柵
積雪深6.0m迄
落石エネルギー500kJ迄


マクロフェンス

マクロフェンス

落石防護柵
落石エネルギー5000kJ迄



ループフェンス

ループフェンス

落石防護柵
落石エネルギー1000kJ迄


ジオロックウォールダイク型

ジオロックウォール
ダイク型

補強土落石防護擁壁
落石エネルギー5500kJ迄



ジオロックウォールスロープ型

ジオロックウォール
スロープ型

補強土落石防護擁壁
設置スペースが狭い個所に最適


QKウォール

QKウォール

補強土落石防護擁壁
民家裏等の急傾斜地対策に有効


スーパーロックシェッド

スーパーロックシェッド

ロックシェド
落石エネルギー8000kJ迄



ハイピーム

ハイピーム

落石衝撃緩衝材
シェッドなどの落石受撃面に設置して構造物を補強する


マクロネット

マクロネット

斜面安定化工法



株式会社プロテックエンジニアリング
「安全の創造」

本社・東日本支店・新潟東港工場

新潟県北蒲原郡聖籠町大字蓮潟5322-26
〒957-0106
電話番号 025-278-1551 
FAX 025-278-1559

北海道営業所

北海道札幌市中央区南1条西11-327-26
ワンズ南1条ビル6F
〒060-0061
電話番号 011-211-6761
FAX 011-211-6762

北陸営業所

石川県金沢市鞍月2-2
石川県繊維会館3F
〒920-8203
電話番号 076-267-6803 
FAX 076-267-6804

韓国・ソウル事務所

T2-705 Jungbalsanro24
Ilsandong-gu Goyang Kyoung-gi Korea
〒410-838
電話番号 +82-31-902-1303
FAX +82-31-902-1305

東京支社・支店

東京都港区芝1-5-9 住友不動産芝ビル2号館6F
〒105-0014
電話番号 03-6435-2680
FAX 03-6435-2682

東北営業所

宮城県仙台市青葉区二日町16-15
武山興産第2ビル3F 
〒980-0802
電話番号 022‐748‐4823
FAX 022-748-4824

九州営業所

福岡県福岡市博多区東光寺町1-11-7
第2岩瀬ビル3号室
〒812-0896
電話番号 092-409-6028 
FAX 092-409-6029

トルコ・アンカラ事務所

Kelebek Sokak No14/4 Gaziosmanpasa Ankara Turkey
〒06700
TEL +90-312-448-3036
FAX +90-312-448-3038

関西支店

兵庫県尼崎市大庄川田町13
〒660-0072
電話番号 06-6430-2333 
FAX 06-6430-2334

長野事業所・長野営業所

長野県長野市高田上高田1388
NAGANO A-1ビル 2F
〒381-0034
電話番号 026-269-0561 
FAX 026-269-0562

新潟事務所

新潟県新潟市中央区上近江4-2-20
日生第2ビル2F
〒950-0973
電話番号 025-280-9981 
FAX 025-280-9982


(株)プロテックエンジニアリングは
アルビレックス新潟レディースの
オフィシャルスポンサーです。