事業内容・沿革

株式会社プロテックエンジニアリング
PROTEC ENGINEERING
サイトマップ
English
Korean

落石・崖崩れ対策用新工法

プロテックエンジニアリングは、自然災害に挑戦する企業として、落石・ガケ崩れから、道路や建物を護るための対策工法の開発から設計、施工、資材販売を主な事業としております。もちろん、ローコストで自然に調和し、地球環境に優しい工法を開発し、設計から施工、資材販売まで一貫したサービスを提供する体制を整えております

雪崩差対策用工法

プロテックエンジニアリングは、自然災害に挑戦する企業として、落石・ガケ崩れの他、雪崩から、道路や建物を護るための対策工法についても同様に、開発から設計、施工、資材販売を主な事業としております。ローコストで自然に調和し、地球環境に優しい工法を開発し、設計から施工、資材販売まで一貫したサービスを提供する体制を整えております。

道路防災構造物の設計

プロテックエンジニアリングは、既存の落石・雪崩対策工法であるロックシェッドやスノーシェッドについて豊富な経験とノウハウを持っており、この設計業務も行っております。PC上部工については自社開発の自動設計ソフトにより敏速な対応が可能です。
私たちが挑む、三つの斜面災害
沿革
1998年 5月   株式会社プロテックエンジニアリング設立
1998年 6月 補強土落石防護擁壁(ジオロックウォール)の開発と実物衝撃実験を前田工繊株式会社と共同で実施
1998年 12月 JR東日本安全研究所と株式会社エイ・シイ・デイによる経済的な落石防護工の開発の実験業務に協力
1998年 12月 エネルギー吸収型ローコスト落石防護柵(ARCフェンス)の実物衝撃実験を実施
1999年 1月   建設業富山県知事許可(般-10)第12558号を取得
1999年 5月 ARCフェンス研究会を設立
1999年 9月 株式会社エイ・シイ・デイと科学技術振興事業団による独創的研究成果育成事業(高エネルギー衝撃吸収防護構造物)の実験業務に協力
1999年 10月 前田工繊株式会社と科学技術振興事業団による独創的研究成果育成事業(ジオシンセティックスを用いた防護擁壁)の実験業務に協力
2000年 2月   資本金を1400万円に増資
2000年 4月 補強土防護擁壁協会を設立
2000年 7月 PC防災構造物の自動設計プログラムを開発
2000年 11月 高性能落石緩衝材(ハイピーム)の実物衝撃実験の実施
2000年 12月 ジオロックウォール研究会を設立
2000年 12月 ハイピーム研究会を設立
2001年 3月   JH大阪技術事務所と補強土防護擁壁協会の共同研究による補強土落石防護擁壁のモデル衝撃実験を実施
2001年 5月 スーパーロックシェッド協会を設立
2001年 6月 高エネルギー吸収型ロックシェッド(スーパーロックシェッド)の実物衝撃実験を実施
2001年 7月 新潟事業所を開設
2001年 8月 三角フェンスの実物衝撃実験を実施
2002年 2月   三角フェンス協会を設立
2002年 11月 資本金を2080万円に増資
2003年 3月   建設業国土交通大臣許可(般-15)第20230号を取得
2003年 9月 新潟県新潟市に本社を移転し、富山県砺波市に北陸支店を開設
2004年 6月   中小企業経営革新支援法に基づく経営革新計画の承認を受ける
2004年 10月 ジオロックウォール研究会を補強土防護擁壁・ジオロックウォール工法協会に改組
2004年 11月 岐阜大学工学部、前田工繊株式会社とジオロックウォールの実物落石実験を実施
2004年 12月 新潟県胎内市(旧中条町)に実験場を開設
2005年 8月   平成17年度新潟県中小企業経営革新事業費補助金の交付決定を受ける
2005年 10月   岐阜大学工学部との共同研究で、ジオロックウォール(ダイクI型)の実物衝撃実験を実施
2006年 5月   北陸支店を富山県砺波市から石川県金沢市へ移転
2006年 6月   新潟県と新潟東港工業地帯への進出協定を締結
2006年 7月   雪国スノーフェンス研究会設立
2006年 9月   資本金を4160万円に増資
2006年 11月   新潟東港工業地帯に本社工場新築工事を着工
2006年 12月   だいし投資育成ファンドの出資を受け、資本金を7373万円に増資
2007年 2月   関東経済産業局より、中小企業新事業活動促進法に基づく「異分野連携新事業分野開拓計画」(新連携)の認定を受ける
2007年 4月   社団法人斜面防災対策技術協会新潟県支部に入会
2007年 5月   新潟県聖籠町に本社事務所を新設移転、同敷地内に新潟東港工場を設立
2008年 2月   イタリア、マカフェリ社と業務提携し、マカフェリ社が製造する落石対策用製品の、日本国内における独占販売に関する契約を締結
2008年 12月   マクロ工法研究会を設立
2009年 5月   札幌事務所、東北事務所、福岡事務所を開設
2010年 4月   関西支店を開設
2010年 8月   新潟県より「企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づく企業立地計画」について承認を受ける
2010年 9月   本社に隣接する新潟東港用地10500m2を追加取得
2011年 6月   九州営業所を開設
2011年 7月   本社敷地内(新潟東港工業地帯)に第2工場建設工事を着工
東北営業所を開設
2011年 8月   スロープガード工法研究会を設立
2011年 12月   新潟県聖籠町、本社敷地内に新潟東港第2工場を設立
2012年 4月   長野営業所を開設
韓国ソウル事務所を開設
2012年 8月   北海道営業所を開設
2013年 6月   ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)認証取得
2013年 9月   新潟東港第1工場と第2工場を連結し増築
2014年 3月   資本金を9,970万円に増資
2014年 4月  

東京支社、東京支店を開設

トルコ・アンカラ事務所を開設

2014年 8月   本社事務所棟(B棟)を増築
2004年12月
実験場を開設
2007年5月
本社工場を設立
2010年3月
関西支店を開設
2014年4月
東京支社・支店を開設
株式会社プロテックエンジニアリング
「安全の創造」

本社・東日本支店・新潟東港工場

新潟県北蒲原郡聖籠町大字蓮潟5322-26
〒957-0106
電話番号 025-278-1551 
FAX 025-278-1559

北海道営業所

北海道札幌市中央区南1条西11-327-26
ワンズ南1条ビル6F
〒060-0061
電話番号 011-211-6761
FAX 011-211-6762

北陸営業所

石川県金沢市鞍月2-2
石川県繊維会館3F
〒920-8203
電話番号 076-267-6803 
FAX 076-267-6804

韓国・ソウル事務所

T2-705 Jungbalsanro24
Ilsandong-gu Goyang Kyoung-gi Korea
〒410-838
電話番号 +82-31-902-1303
FAX +82-31-902-1305

東京支社・支店

東京都港区芝1-5-9 住友不動産芝ビル2号館6F
〒105-0014
電話番号 03-6435-2680
FAX 03-6435-2682

東北営業所

宮城県仙台市青葉区二日町16-15
武山興産第2ビル3F 
〒980-0802
電話番号 022‐748‐4823
FAX 022-748-4824

九州営業所

福岡県福岡市博多区東光寺町1-11-7
第2岩瀬ビル3号室
〒812-0896
電話番号 092-409-6028 
FAX 092-409-6029

トルコ・アンカラ事務所

Kelebek Sokak No14/4 Gaziosmanpasa Ankara Turkey
〒06700
TEL +90-312-448-3036
FAX +90-312-448-3038

関西支店

兵庫県尼崎市大庄川田町13
〒660-0072
電話番号 06-6430-2333 
FAX 06-6430-2334

長野事業所・長野営業所

長野県長野市高田上高田1388
NAGANO A-1ビル 2F
〒381-0034
電話番号 026-269-0561 
FAX 026-269-0562

新潟事務所

新潟県新潟市中央区上近江4-2-20
日生第2ビル2F
〒950-0973
電話番号 025-280-9981 
FAX 025-280-9982


(株)プロテックエンジニアリングは
アルビレックス新潟レディースの
オフィシャルスポンサーです。