落石補足時の変形量を最小限に抑える落石防護柵 マクロフェンス

株式会社プロテックエンジニアリング
PROTEC ENGINEERING
サイトマップ
English
Korean

マクロフェンス

工法概要

マクロフェンスは、斜面上に設置して道路や民家を落石から守る、落石防護柵です。受撃面にネットと高耐破網性の金網を用い、ネットと金網の変形、及び緩衝装置の変形により効率良く落石エネルギーを吸収します。従来の高エネルギー吸収型落石防護柵では対応できなかった大規模な落石にも対応することができます。 軽量な部材で構成されているため、斜面上でも比較的容易に施工ができます。アンカーにより地山に係留する構造のため、施工の際、地山を大きく掘削することなく、立木の伐採も最小限に抑えられます。また、主要部材が透過性に優れたネット部材であるため、山間の美しい景観に調和します。
5000kJまで広領域の落石エネルギーをカバーする豊富なラインナップ
タイトルアンダーライン
マクロフェンスには、750kJ/1500kJ/2000kJ/3000kJ/5000kJのそれぞれの落石エネルギーを適用範囲とする5つのタイプがあり、広領域の落石に対応することができます。現場で想定される落石の規模に応じて最適なタイプを選定することで、無駄のない経済的な対策が可能となります。
ラインナップ表
メッシュパネル リングパネル写真

対応エネルギーのタイプによって、緩衝装置の配置箇所や数量、ネットの規格等が異なります。

■落石エネルギーに応じたタイプ選定表

捕捉対象となる落石の径・重量及び落下高さに応じて、最適なタイプをご検討いただけます。
網掛け部はそれぞれのタイプの適用範囲を示します。

750kJタイプ 1500kJタイプ 2000kJタイプ 3000kJタイプ 5000kJタイプ
落石径 φ1.00 φ1.25 φ1.5 φ1.75 φ2.00 φ2.25 φ2.50
落石重量 13.6kN 25.6kN 46.0kN 73.0kN 108.9kN 155.1kN 212.7kN
落下高 5.0m 49 95 164 261 389 554 760
10.0m 97 190 329 522 779 1109 1521
15.0m 146 285 493 783 1168 1663 2281
20.0m 195 380 657 1043 1557 2218 3042
25.0m 243 475 821 1304 1947 2772 3802
30.0m 292 570 986 1565 2336 3326 4563
35.0m 341 665 1150 1826 2725 3881 5323
40.0m 389 760 1314 2087 3115 4435 6084

なお、落石エネルギーは以下の計算式によって求めることができます。

  • 落石エネルギー:

    計算式1
  • ここに、

    計算式2
    ここで、H:鉛直落下高さ(m)
  • β:回転エネルギー係数(一般に0.1としています)
  • μ:等価摩擦係数
  • θ:斜面角度(°)

表は右記の条件による 斜面角度θ=45° 等価摩擦係数μ=0.35

ネット変形量を最小限に抑え、道路付近や民家裏での設置を実現
タイトルアンダーライン
イラスト画像道路付近の設置

マクロフェンスは、落石捕捉時のネットの変形量が小さいため、比較的保全対象物に近づけた配置が可能です。それぞれのタイプのネット変形量は、実験により確認されています。 保全対象物に比較的近い配置ができることで、用地取得の面積が抑えられ、コストの縮減が期待できます。また、施工の際、運搬やクレーン・モノレール等による荷揚げの範囲をより小さくすることも可能です。 加えて、落石捕捉後の柵高不足が生じにくく、維持管理の機会を軽減することができます。

※設置位置の決定の際は、ネットの変形量はあくまで目安とし現地の状況を十分考慮して決定してください。

■タイプ別の落石捕捉時のネット変形量

※フェンスを上から見た図

タイプ別の変形量

※イタリアマカフェリ社の実験データによる

災害抑止事例
■岐阜県
2011年12月
岐阜県。点検の際に落石捕捉をしていることを確認しました。金網、ワイヤネットの損傷はありませんでした。
関連資料のダウンロード

各種資料 マクロフェンスカタログ
お問い合わせ

その他の落石対策製品もチェック!

ARCフェンスSタイプ

ARCフェンスSタイプ

雪崩予防・落石予防兼用柵
積雪深3.0m迄
落石エネルギー50kJ迄


ARCフェンス

ARCフェンス

落石防護柵
落石エネルギー100kJ迄


SPARCフェンス

SPARCフェンス

雪崩予防・落石防護兼用柵
変形抑止型落石防護柵
積雪深3.0m迄
落石エネルギー200kJ



再強フェンス

再強フェンス

落石防護柵/既設防護柵補強
落石エネルギー200kJ迄


スロープガードネットRタイプ

スロープガードネット
Rタイプ

ポケット式落石防護網
落石エネルギー200kJ迄


三角フェンス

三角フェンス

雪崩予防・落石防護兼用柵
積雪深6.0m迄
落石エネルギー500kJ迄



ループフェンス

ループフェンス

落石防護柵
落石エネルギー1000kJ迄


ジオロックウォールダイク型

ジオロックウォール
ダイク型

補強土落石防護擁壁
落石エネルギー5500kJ迄



ジオロックウォールスロープ型

ジオロックウォール
スロープ型

補強土落石防護擁壁
設置スペースが狭い個所に最適


QKウォール

QKウォール

補強土落石防護擁壁
民家裏等の急傾斜地対策に有効


スーパーロックシェッド

スーパーロックシェッド

ロックシェド
落石エネルギー8000kJ迄



ハイピーム

ハイピーム

落石衝撃緩衝材
シェッドなどの落石受撃面に設置して構造物を補強する


マクロネット

マクロネット

斜面安定化工法



株式会社プロテックエンジニアリング
「安全の創造」

本社・東日本支店・新潟東港工場

新潟県北蒲原郡聖籠町大字蓮潟5322-26
〒957-0106
電話番号 025-278-1551 
FAX 025-278-1559

北海道営業所

北海道札幌市中央区南1条西11-327-26
ワンズ南1条ビル6F
〒060-0061
電話番号 011-211-6761
FAX 011-211-6762

北陸営業所

石川県金沢市鞍月2-2
石川県繊維会館3F
〒920-8203
電話番号 076-267-6803 
FAX 076-267-6804

韓国・ソウル事務所

T2-705 Jungbalsanro24
Ilsandong-gu Goyang Kyoung-gi Korea
〒410-838
電話番号 +82-31-902-1303
FAX +82-31-902-1305

東京支社・支店

東京都港区芝1-5-9 住友不動産芝ビル2号館6F
〒105-0014
電話番号 03-6435-2680
FAX 03-6435-2682

東北営業所

宮城県仙台市青葉区二日町16-15
武山興産第2ビル3F 
〒980-0802
電話番号 022‐748‐4823
FAX 022-748-4824

九州営業所

福岡県福岡市博多区東光寺町1-11-7
第2岩瀬ビル3号室
〒812-0896
電話番号 092-409-6028 
FAX 092-409-6029

トルコ・アンカラ事務所

Kelebek Sokak No14/4 Gaziosmanpasa Ankara Turkey
〒06700
TEL +90-312-448-3036
FAX +90-312-448-3038

関西支店

兵庫県尼崎市大庄川田町13
〒660-0072
電話番号 06-6430-2333 
FAX 06-6430-2334

長野事業所・長野営業所

長野県長野市高田上高田1388
NAGANO A-1ビル 2F
〒381-0034
電話番号 026-269-0561 
FAX 026-269-0562

新潟事務所

新潟県新潟市中央区上近江4-2-20
日生第2ビル2F
〒950-0973
電話番号 025-280-9981 
FAX 025-280-9982


(株)プロテックエンジニアリングは
アルビレックス新潟レディースの
オフィシャルスポンサーです。